APN Ambassador として弊社エンジニアが認定されました

弊社エンジニア、富松広太がAWSの卓越した技術力を持ち、社外への情報発信を活発に実施している「APN Ambassadors」として認定されましたことをお知らせいたします。

弊社は今後も APN アドバンスド コンサルティング パートナー として、高い技術力と情報発信で、お客様のAWS活用をサポートしてまいります。

 
参考: AWS JAPAN APN ブログ「Japan APN Ambassador 2020 の発表」
https://aws.amazon.com/jp/blogs/psa/japan-apn-ambassador-2020-awards/

 
「APN Ambassador Program」とは
世界中の APN Consulting Partner から卓越した技術力を持ち、社外への情報発信を活発に実施しているメンバーを APN Ambassadors として認定し、認定されたメンバーで構成されるコミュニティです。
https://aws.amazon.com/jp/partners/ambassadors/

 
【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ターン・アンド・フロンティア 管理部
info@taf-jp.com

契約関係書類の電子署名に対応いたしました

お取引先様との契約締結時に必要な押印および署名手続きを、電子署名サービスでの契約締結に対応させるため、「DocuSign eSignature」を導入しましたことをお知らせいたします。

テレワークが国内で急速に普及しつつある中、押印を必要とする書類全般を、紙と印鑑による押印から電子署名サービスによるオンライン上の契約締結にすることで、決裁スピードの迅速化とテレワークの中での業務継続(業務停滞回避)を実現し、お客様およびパートナー様の成功に貢献いたします。

なお、従来通りの紙面での締結が必須なお客様につきましては、お時間を頂戴する場合もございますが、従来通り押印で対応いたします。

 
ドキュサイン(DocuSign)とは
ドキュサインは合意・契約をクラウド上で実現するプラットフォーム「DocuSign Agreement Cloud」を提供し、業務上のあらゆる合意、契約、稟議プロセスのデジタルトランスフォーメーションを実現します。ドキュサインの電子署名「DocuSign eSignature」は、DocuSign Agreement Cloudが提供する製品の1つで、世界180か国以上で50万社以上が導入し、数億人が利用する、世界で一番使用されている電子署名です。ドキュサインとDocuSign Agreement Cloudの詳細は、ウェブサイト(https://www.docusign.jp/)をご覧ください。ドキュサイン・ジャパン株式会社は米DocuSign, Inc.の日本法人です。

 
【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ターン・アンド・フロンティア 管理部
info@taf-jp.com

AWSの資格12種のすべてを取得した「2020 APN ALL AWS Certifications Engineer」として弊社エンジニアが認定されました

弊社エンジニア、富松広太がAWSの認定資格12種類をすべて取得し、「2020 APN ALL AWS Certifications Engineer」として認定されました。また合わせて、「2020 APN AWS Top Engineers」としても選出されましたことをお知らせいたします。

弊社は今後も APN アドバンスド コンサルティング パートナー として、高い技術力でお客様のAWS活用をサポートしてまいります。

 
参考: AWS JAPAN APN ブログ「2020 APN AWS Top Engineersの発表」
https://aws.amazon.com/jp/blogs/psa/2020-apn-aws-top-engineers-announcement/

 
「APN AWS Top Engineers」とは
AWS Partner Network (APN) に加入している会社に所属している AWS エンジニアを対象にした表彰制度です。 Professional 認定、もしくは Specialty 認定を持っている AWS エンジニアが1年間の活動に基づいて評価され、その中でも特に AWS 技術の普及推進に貢献があった100名が、「APN AWS Top Engineers」として選出されます。

 
【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ターン・アンド・フロンティア 管理部
info@taf-jp.com

『新型コロナウイルス助け合い基金』への支援金の寄付について

新型コロナウイルス感染症で亡くなられた方々に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、罹患された皆さまとご家族および関係者の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

また、医療現場をはじめ、治療や感染拡大防止の最前線でご尽力されている皆さまに心より感謝と敬意を表します。

株式会社ターン・アンド・フロンティア(本社:大阪市西区 代表取締役社長:髙野博史)は、創業以来、大阪を本社に置き、大阪の皆様に育てていただいた会社です。このような昨今の状況において、我々で何か出来ることはないかと検討した結果、新型コロナウイルス感染症対策に向けた支援として、大阪府の「新型コロナウイルス助け合い基金」に支援金100万円の寄付を行うことを決定いたしましたので、お知らせします。

新型コロナウイルスの一刻も早い収束と、経済活動の正常化を切にお祈り申し上げます。

 

本件に関するお問い合わせ先

株式会社ターン・アンド・フロンティア 管理部
info@taf-jp.com

GW休暇について

平素は格別のお引き立てを賜り、ありがたく厚く御礼申し上げます。
当社ではGW休暇を以下の日程で予定しております。

 

4月 28日(火)まで : 通常営業

4月 29日(水)〜 5月 6日(水)まで : 休業

5月 7日(木)より : 通常営業

 

新型コロナウイルス対策でリモートワーク中のお客様へ – 当社ではWeb会議によるご商談にも対応しています

近年、国内でもリモートワークが広がりつつある中、お客様や状況に応じた商談や会議ができるよう、
当社では、 Google Hangouts や Skype などのWeb会議も活用しています。

今回の新型コロナウイルス感染拡大の影響で、対面での商談が難しい場合でも、
Web会議を利用した商談に対応していますので、お気軽にご相談ください。
 

*対応可能テレビ会議システム: Google Hangout Meet、Skype、Slack、Zoom、その他ご相談ください。

ターン・アンド・フロンティア 新型コロナウイルスの感染拡大に備え「在宅勤務」実施

AWS パートナーネットワーク (APN) アドバンスド コンサルティングパートナー である、株式会社ターン・アンド・フロンティア(本社:大阪府大阪市、代表取締役:高野 博史、以下:ターン・アンド・フロンティア)は、新型コロナウイルスの感染拡大に備え、事業継続と従業員の安全確保を目的として、勤務体制を「在宅勤務」へ変更しました。

 

ターン・アンド・フロンティアでは、新型コロナウイルスの感染が拡大している状況を受け、従業員の感染リスクを排除し安全を確保するとともに、安定したサービスを継続して提供することを目的に、勤務体制を以下の内容に変更いたします。

対象: 全社員
期間: 1月30日(木)~2月7日(金)※状況次第で延長

■在宅勤務が可能な社員:
在宅勤務

■外勤の必要がある社員:
可能な限り通勤ラッシュ、人混みを避けて移動し業務を行う

 

尚、在宅勤務実施によるサポート体制等に変更はなく、通常通りのサービスを提供しています。

 

ターン・アンド・フロンティアについて

ターン・アンド・フロンティアは「より多くの人々がIT技術の恩恵にあずかることが出来る社会の実現」をミッションに、クラウドインテグレーション事業と、WEBサービス事業を展開する企業です。

2008年から アマゾン ウェブ サービス(AWS)の導入支援と運用サポートを開始し、2014年には関西に本社を置く企業としては初の APN アドバンスド コンサルティングパートナー の認定を取得。2017年には Google Cloud Partner にも認定されました。AWS 東京リージョン開設前から普及を後押ししてきた実績とノウハウで、お客様のクラウド活用をサポートしています。

WEBサービス事業では、企業の G Suite ユーザー向けに、より安心、安全なファイル共有を実現する「DriveChecker」や、教育機関向けに、Google for Education での管理をより簡単に使いやすくする「eG Class」など、さまざまなWEBサービスを提供しています。

 

*本リリースに記載された会社名、サービス名等は各社の登録商標または商標です。
アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web Services、 AWSは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
*Google および Google Cloud 、G Suite 、Google for Education は、Google LLC の登録商標または商標です。
*本リリースの情報は発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

Japan IT Week【関西】クラウド業務改革EXPO に出展します

Japan IT Week【関西】クラウド業務改革EXPO

 

1月29日(水)から 1月31日(金)までの3日間にわたって開催される、関西最大の IT 展示会『Japan IT Week【関西】クラウド業務改革EXPO』に、日本システム技術株式会社と共同出展します。

共同出展ブースでは、『オフィスDX』をテーマに、企業のデジタルトランスフォーメーションを支援する「インハウス型シェアリングサービス」や、「AI顔認証受付システム」をご紹介。デモ機を使った、従来の電話受付に代わる、スマートな受付システムを体験していただけます。

この機会に是非、会場でデジタルトランスフォーメーションを体感ください。
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

 

 

展示会名

Japan IT Week 関西 『第4回 クラウド業務改革EXPO』

 

出展内容

 

開催日時

2020年 1月 29日(水)〜 1月 31日(金)
10:00 ~ 18:00 (最終日のみ 17:00 終了)

 

展示会場・出展ブース

インテックス大阪 5号館(小間番号 : 2-19)

 

ブース位置

 

入場料

本展のご入場には、1名様につき、招待券(無料)1枚と、名刺2枚が必要となります。

招待券のお申込みはこちら

 

 

【関西】クラウド業務改革 EXPOとは

9つの専門展から構成されている展示会「JapanIT Week 関西」のひとつで、クラウドプラットフォーム、働き方改革ソ リューション、モバイル業務支援などの製品/サービスが一堂に出展する専門展です。

 

冬期休暇について

平素は格別のお引き立てを賜り、ありがたく厚く御礼申し上げます。
当社では冬季休暇を以下の日程で予定しております。

 

2019年 12月 27日(金)まで : 通常営業

2019年 12月 28日(土)〜 2020年 1月 5日(日)まで : 休業

2020年 1月 6日(月)より : 通常営業

 

【12/19(木) 大阪】デジタルトランスフォーメーション (DX) セミナー&ミニ展示会 ~業務デジタル化の事例、気になる効果と始め方~

 

デジタルトランスフォーメーション 始めていますか?

 
近年注目を集めている「デジタルトランスフォーメーション (DX) 」
ITシステムの「2025年の崖」を克服するためにも避けて通れないDXについて、
何から始められるのかをセミナーと展示でご紹介します。

「DXって、何?」
「何から手を付けたら良いのかわからない…」
「他社はどんな取り組みをしてるんだろう?」

そんな、これからDXを検討される企業様必見のセミナーです。
この機会に是非ご参加ください!

 
デジタルトランスフォーメーション (DX) セミナー

★★セミナー詳細・お申込みはこちら★★
https://eventregist.com/e/2iTpmG0CV8jB

 

■開催概要

DX(デジタルトランスフォーメーション)をバズワードだと思っていませんか?
デジタル競争の勝者はDXの重要性に気付き、様々な取り組みを始めています。

セッションでは、各企業が取り組まれている業務デジタル化の事例をご紹介。
私たちの考えるDXのスタートにお勧めのサービスもデモを交えてご説明します。

これからDXを検討される企業様必見!
DX推進の第一歩をご支援する内容のセミナーです。

また、セミナー会場横スペースでは展示ブースも併設しています。
休憩時間に是非お立ち寄りください。

※セミナーの受講者様のみを対象とした展示となります。
 それ以外の方はご入場頂けませんのでご注意下さい。

★★セミナー詳細・お申込みはこちら★★
https://eventregist.com/e/2iTpmG0CV8jB

 

■開催日時

2019年12月19日(木) 14:30-17:30(受付開始 14:00)

 

■開催場所

日本システム技術株式会社 大阪本社
大阪市北区中之島二丁目3番18号(中之島フェスティバルタワー29階)

<最寄駅>
JR大阪駅より 徒歩11分
JR東西線・北新地駅より 徒歩8分
地下鉄御堂筋線・淀屋橋駅より 徒歩5分
地下鉄四つ橋線・肥後橋駅直結
京阪本線・淀屋橋駅より 徒歩5分
京阪中之島線・渡辺橋直結

 

■セッション概要

  1. DX(デジタルトランスフォーメーション)何から始める?
     (日本システム技術株式会社)
    経済産業省が公開した『DXレポート – ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開 – 』によると、
    “DXが実現できない企業はデジタル競争の敗者となる恐れがある”と危機感をあらわにしています。
    DX実現のために、何から始めたらよいか、他社はどのような取り組みをしているのか、
    システムインテグレータである「JAST」の経験と解釈を、開発事例を交えてお伝えいたします。
     
  2. DXを支えるAWSクラウドテクノロジー
     〜IaaSだけではないAWSの魅力〜

     (株式会社ターン・アンド・フロンティア)
    デジタルトランスフォーメーションに無くてはならないクラウドですが、
    具体的に「誰の」「どんな業務」を変革させたのか。
    圧倒的な世界シェアを誇るAWSの基本テクノロジーから最新事例までお話いたします。
     

 

■展示概要

  • 顔認証自動受付システム ~ 受付システム×AI顔認証 ~
     (日本システム技術株式会社)
    Amazon Rekognitionで来客者を識別!
    「プッシュ通知」+「ビデオ通話」を用いてすべての機能をブラウザのみで実現。
    モダンな技術を取り入れた受付システムをご紹介します。
     
  • 電話業務のデジタル化で何ができるようになるのか
     ~ Amazon Connectとは ~

     (株式会社ターン・アンド・フロンティア)
    Amazonのコンタクトセンターでは日々何百万件もの問合せに世界中のスタッフが対応しています。
    そこで培われてきた技術とノウハウが反映されているAmazon Connectで、電話業務のDXを考えてみませんか。
     
  • AI-OCR「ジジラ」
     ~ 入力作業の効率を上げ働き方改革をサポート ~

     (株式会社アジラ)
    活字や手書きを問わず、紙からデータ入力をしている業務をAI-OCR「ジジラ」で効率化。
    AIによる『文字認識テクノロジー」や「業務効率を考慮した管理機能」、「導入のしやすさと柔軟性」を実現。
     

 

■受講料

無料

 

■定員

20名

 

■主催

日本システム技術株式会社

 

■共催

株式会社ターン・アンド・フロンティア
株式会社アジラ

 

★★セミナー詳細・お申込みはこちら★★
https://eventregist.com/e/2iTpmG0CV8jB
 

定員になり次第、締め切らせて頂きます。
セミナープログラム及び展示は予告なしに変更する場合もございますので予めご了承ください。
展示ブースはセミナー受講者様のみを対象とした展示となります。それ以外の方はご入場いただけませんのでご注意下さい。