AWSサービスデリバリーパートナー for Amazon Auroraの認定取得のお知らせ

News Release

2016年11月30日

AWSサービスデリバリーパートナー for Amazon Auroraの認定取得のお知らせ

株式会社ターン・アンド・フロンティア(本社:大阪市西区 代表取締役:髙野博史)は、本日、アマゾン ウェブ サービス(AWS)サービスデリバリーパートナー for Amazon Auroraの認定を取得しましたことをおたします。

AWSサービスデリバリープログラムは、AWSのパートナープログラムであるAWS Partner Network (APN) の認定パートナーの中で、特定のAWSサービス・製品による顧客事例を持ち、一定の実績があるパートナーを認定すす。

当社は以前より、Amazon Aurora の新規導入・移行にあたってのシステムインテグレーションを行うAmazon Aurora Readyパートナーとして選定されており、既に様々なお客様における実績を持っていることを合わせて評価された結果、今回新たにスタートしたAWSサービスデリバリーパートナー for Amazon Auroraに認定されたもの

AWSサービスデリバリープログラムは、現在米国ラスベガスで 11 月 28日から 12月2日まで開催されているカンファレンス「AWS re:Invent」において発表されたもので、AWSの特定サービスや機能に関する専門能力を提供するAPN パートナーをAWSのお客様が選定しやすくするものです。このプログラムの認定審査では、特定サービスごとの事例の技術レビューを行うため、お客様は確信をもって実案件における当該サービスの経験を提供してくれるパートナーを選定することができます。

—————————————————————————————————————————————-

■当社執行役員 大久保哲也からのコメント
「AWSサービスデリバリープログラムに認定された最初のAPNパートナーに加われたことを誇りに思います。当社はAmazon Auroraには発表以来取り組んできており、特にその特長を生かすために実践的な応用力やノウハウを培ってまいりました。今後も当社のAWS導入支援サービス『cloud link』の中で、こうしたAWSクラウドがもつ俊敏性によりお客様のビジネス目的の達成をご支援して参ります。」

■株式会社ターン・アンド・フロンティア概要
2011年より関西企業としては初のAWSの認定パートナーとなり、AWSの導入支援・運用監視サービス(cloud link)を提供。
現在では「APNアドバンスド コンサルティングパートナー」として関西を中心に中小〜大企業に至るまで数多くのお客様のAWSの導入案件に携わっており、クラウドインテグレーター事業を中心に企業のIT効率化を実現している。

※ アマゾン ウェブ サービス、AWS、Amazon Aurora、Powered by Amazon Web Servicesロゴは米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

■当件に関するお問い合わせ先

株式会社ターン・アンド・フロンティア
本社:大阪府大阪市西区新町1−5−7 四ツ橋ビルディング4F
東京オフィス:東京都豊島区東池袋3丁目9番6号 ビーバーズ池袋2F
担当:大久保
電話:06-7878-8555
メール:sales@taf-jp.com

logo_lockup_cloud_platform_color

【大阪開催】GCP(Google Cloud Platform )トレーニング無料開催

GCPの東京データセンター開設を前に、国内でのGCPの注目度が更に上がっております。
そこで、Google社とトップゲート社の協力により、弊社オフィスビルにてGCPトレーニングを開催いたします。

unnamed

内容︰CPO200 System Operations

日時︰2016/10/31〜2016/11/2の3日間

受講費用︰通常3日間18万円のコースを今回特別に無償
#1社2名様までを目安にお願い致します。

お申込みページ︰https://events.withgoogle.com/cpo200-421169/

折角の機会ですので是非お誘い合わせの上ご参加ください。

cloud link 共用Webサーバープランをリリース

株式会社ターン・アンド・フロンティアは、AWSフルマネージドサービス cloud linkの新サービスとして、8月20日より、「共用Webサーバープラン」をリリースいたしました。

ウェブサイトとドメイン_-_cloudlinkEC2を用いてホームページを構築する際、多くの場合、EC2をそのサイト専用に立ち上げて運用する必要がありましたが、「共用Webサーバープラン」では高スペックなサーバーを共有してご利用頂くことで、小規模なホームページやECサイトを低コストで運用することができます。

また、EC2の操作には難解なLinuxのコマンドや設定ファイルを理解し操作する必要がありましたが、当プランではコントロールパネル(管理画面)にて操作いただけますので、初心者の方でも簡単にWebサイトの設定が可能です。

詳細は「共用Webサーバープラン」のページよりご確認ください。

 

Cloud Days Osaka 2013に出展いたします

弊社では今年も、Cloud Days OSAKA 2013にてAmazon社と 共同出展させていただくこととなりました。
今回の展示会では、EC2/S3をはじめとするAWSの導入支援サービス「CloudLink」のご紹介をさせていただく予定です。
ご多忙中のところまことに恐縮に存じますが、この機会に是非ご来臨賜り、ご高覧いただきたくご案内申し上げます。

 

開催概要

名称 Cloud Days Osaka 2013春
会期
2012年3月7日(木)〜8日(金) 展示会: 11:00〜18:00
セミナー: 10:20〜18:00
会場 ハービスHALL(大阪・梅田)
主催 日経BP社
展示会入場料 3,000円 (消費税込、事前登録により無料)
出展製品・サービス SaaS、PaaS、HaaS/IaaS、DaaS/デスクトップ仮想化、
パブリッククラウド導入支援サービス、プライベートクラウド構築支援サービス、
サーバ/ストレージ/ネットワーク仮想化、データセンター、
クラウド対応セキュリティソリューション、ソフトウエア開発、
クラウド向け運用管理、データバックアップ、その他関連製品・サービス

3/8〜9 Cloud Days Osaka 2012に出展いたします

弊社ではこのたび、Cloud Days OSAKA 2012にてAmazon社と 共同出展させていただくこととなりました。
今回の展示会では、EC2/S3をはじめとするAWSの導入支援サービス「CloudLink」のご紹介をはじめ、AWSを使った婚礼会場向けiPadアプリ「WeddingPad」などのご紹介をさせていただく予定です。
ご多忙中のところまことに恐縮に存じますが、この機会に是非ご来臨賜り、ご高覧いただきたくご案内申し上げます。

img_main-cdo2012

開催概要

名称 日経BP Cloud Days Osaka 2012 Conference & EXPO
(通称:Cloud Days Osaka 2012)
会期
2012年3月8日(木) 展示会 11:00 0 18:00/ セミナー 11:30 0 17:10
3月9日(金) 展示会 10:00 0 18:00/ セミナー 10:30 0 17:10
会場 ハービスHALL(大阪・梅田)
主催 日経BP社
展示会入場料 3,000円 (消費税込、事前登録により無料)
出展製品・サービス SaaS、PaaS、HaaS/IaaS、DaaS/デスクトップ仮想化、
パブリッククラウド導入支援サービス、プライベートクラウド構築支援サービス、
サーバ/ストレージ/ネットワーク仮想化、データセンター、
クラウド対応セキュリティソリューション、ソフトウエア開発、
クラウド向け運用管理、データバックアップ、その他関連製品・サービス

AWSの導入検討が出来るCloudLink(クラウドリンク)を開設いたしました

Amazon認定 CloudLink(クラウドリンク)AWS EC2 クラウドの導入 運用 保守

株式会社ターン・アンド・フロンティアは、クラウド関連サービスの一環として、企業様へのEC2導入案件の対応を行ってきましたが、12月9日より、「CludoLink(クラウドリンク)」を開設いたしました。

CloudLink(クラウドリンク)とは、米国Amazon.com社が運営するクラウド型サーバーサービス(Amaozn Web Services)を、サーバー管理者が容易に扱える様に弊社にてサーバーを構築し、保守及びサーバー監視などの一連の作業を代行するサービスです。
これにより、小規模なホームページから、エンタープライズ系システムまで、世界最高性能のデータセンターを誰もがすぐに利用することができます。

CloudLink(クラウドリンク)でご提供するプランは、用途に応じて5つのプランをご用意しています。

”専用サーバープラン
”高速ウェブ配信プラン
”社内サーバープラン
”サーバーおまとめプラン
”カスタムプラン

弊社はAmazonがサービスを開始した2006年以来、EC2を用いたサーバーソリューションを提供して参りましたが、その実績が認定され、「AWS Solution Providers」に登録されています。

Amazon認定 CloudLink(クラウドリンク)AWS EC2 クラウドの導入 運用 保守

Amazon社より「AWS Solution Provider」として認定されました。

AWS_SolutionProvider_logo_RGB_400

株式会社ターン・アンド・フロンティアでは、クラウド関連サービス推進の一環として、企業様へのEC2導入案件の対応を行ってきましたが、アマゾン社のクラウドサービスのエコシステムを支える重要なシステムインテグレーターであると認定され、2011年8月9日、「AWS Solution Providers」に登録されましたのでお知らせいたします。

AWS(Amazon Web Services)は短時間で柔軟なシステムをクラウド上で展開できます。特に、需要予測の難しいアプリケーションや定期的に大量データの処理を必要とする業務システムには、AWSの利用が適しており数多くの企業や団体などで利用されております。
昨今では、東京に開設されたデータセンターを戦略的に利用することにより、国内のお客様にも快適なサーバー環境をご利用頂くことが可能です。また、その他の世界4箇所のデータセンターを使うことで計画停電の業務への影響を低減させることをはじめ、災害対策などを目的として広く活用されています。

株式会社ターン・アンド・フロンティアは、アマゾン社のクラウドコンピューティングサービスを使ったサービス提供やインテグレーションのご相談にお応えすることが可能です。

【登録内容】
「AWS Solution Provider」 (エーダブリュエス ソリューション プロバイダー)
http://aws.amazon.com/jp/solutions/solution-providers-japan/
https://aws.amazon.com/solution-providers/si/turn-and-frontier-co-ltd

※AWSとは、Amazon Web Servicesの略であり、Amazon EC2など、アマゾン社が提供しているクラウドサービス全般を指します。

【弊社AWS関連サービス】
Amazon EC2導入サポート

当サービスに関するお問い合わせは下記よりご連絡ください。
お問い合わせフォーム

Open Sim を利用した3D 仮想空間サービス「Open Kansai」提供開始しました。

平素は格別のお引き立てを賜り、ありがたく厚く御礼申し上げます。
関連会社コア・ディメンションが本日付で以下のプレスリリースを発表致しましたので、ご報告申し上げます。

 

 

報道関係各位
プレスリリース

2008 年11 月28 日

コア・ディメンション株式会社
株式会社フューチャースピリッツ

サーバーホスティング業界初!
Open Sim を利用した3D 仮想空間サービス「Open Kansai」提供開始
http://os.taf-jp.com/

 

 

3Dインターネット参入支援事業を展開しているコア・ディメンション株式会社(代表取締役 :高野 博史 /本社:大阪市以下、コア・ディメンション)と、レンタルサーバーを中心に事業展開している株式会社フューチャースピリッツ(代表取締役 谷孝 大 /本社:京都市以下、フューチャースピリッツ)は、技術協力を行い3D 仮想空間サービス「OpenKansai」の提供を開始致しました。

 
Open Kansai は、フューチャースピリッツのサーバーホスティング(レンタルサーバー)サービス上で、コア・ディメンションが構築した3D 仮想空間サービスとなります。この仮想空間は米国リンデンラボ社が提供する「セカンドライフ」※ をベースにしたオープンソースソフトウェア「Open Sim」※ で構成されており、セカンドライフに近い仮想空間環境を実現しています。
仮想空間の導入を検討している企業担当者に向け、「Open Sim」を活用した仮想空間の利用イメージを体験できるよう、Open Kansai を無料開放致します。
Open Kansai のような仮想空間サーバーを、サーバーホスティングサービスの上で提供することは、ホスティング業界では初の試みとなります。
仮想空間サーバーの運用方法として機器や通信環境、保守体制をアウトソースできるホスティングの形態を取ったことで、従来であれば機器の手配や技術対応人員等が必要となってハードルの高かった仮想空間導入を、容易に実現できるようになります。

今後、Open Sim はセカンドライフとの相互接続が可能となり、ひとつのアバター(仮想空間上の分身)で自由に仮想空間を行き来できるようになり、さらに注目を集めるものと思われます。それに伴い、企業による仮想空間の導入も促進されると思われ、コア・ディメンションとフューチャースピリッツでは技術開発を進め、企業向け仮想空間サーバーのホスティングサービスを今後リリースする予定です。

 

【ご案内】
■ Open Kansai ウェブサイト
http://os.taf-jp.com/

■ Open Kansai 利用登録ページ
http://os.taf-jp.com/term.html

 

【用語解説】
■ セカンドライフとは
セカンドライフとは米国リンデンラボ社が運営、提供する3D 仮想空間(メタバース)です。
数ある仮想空間の中でもセカンドライフは1,500 万人を越えるユーザー数を有し、世界を代表する存在を堅持しています。新たなるコミュニケーション手段として浸透しつつあるこの空間は、Web2.0 では成し得なかった感覚を体感できる世界です。

■ Open Sim とは
セカンドライフをベースにオープンソースで開発された仮想空間ソフトウェアです。
世界中の技術者が開発・研究しており、昨今著しく技術発展を遂げています。
セカンドライフのようなオープンな環境のみならず、組織内だけのクローズドな環境での運用も可能となり、幅広いニーズに応えられる仮想空間を実現します。主な用途として、社内会議やレクリエーション、カウンセリング、研修、セミナー、採用面接などが挙げられます。

 

【会社紹介】
■コア・ディメンション株式会社
主な事業内容
-3D インターネット参入支援専門事業として-
1.大規模プロジェクトの企画立案およびコンサルティング
2.マーケティング提案
3.各種セミナーおよび研修会の開催
・設立:2007 年7 月
・所在地:〒550-0005 大阪府大阪市西区西本町3-1-51 イセタニビル
・代表取締役:高野 博史
・URL: http://www.core-dimension.jp/

 

■株式会社フューチャースピリッツ
主な事業内容
1.サーバー構築・保守・運営/ドメイン取得・保管サービス
2.Web プロデュース・サイト構築・企画制作・運営/システム開発
3.EC サイト構築ASP サービス事業/EC サイト企画制作・運営・システム開発
・設立:2000 年1 月
・所在地:〒600-8815 京都市下京区中堂寺粟田町93 京都リサーチパーク6 号館 3 階
・代表取締役:谷孝 大
・URL: http://www.future-s.com/
【本件に関するお問い合わせ先】

 

■コア・ディメンション株式会社
担当: 野村
TEL: 06-6537-0101 FAX: 06-6110-8873
e-mail: info@core-dimension.jp

 

■株式会社フューチャースピリッツ
担当: ネットワークソリューション事業部 加茂
TEL: 075-326-3700 FAX: 075-326-7400
e-mail: pr@future-s.com

3Dコアエンジン「IMMERSIV」(イマーシヴ)を販売開始

immersiv.jpg

immersiv-logo.jpg

コ ア・ディメンション株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役 高野博史)は、9月29日より、米国ビュートウェンティツーテクノロジー社(View22 Technology Inc.:ビュー22)との事業提携により「IMMERSIV」(イマーシヴ)の販売を開始致します。

 

「IMMERSIV」は従来のWebサイトに3Dインターネット技術を融合する全く新しいプラットフォームです。
ユーザーは「IMMERSIV」が導入されたホームページ上で、個々のニーズに応じた環境(例:室内、オフィス、キッチン、庭、など)を創り出し、3次元で正確に立体表示される製品をブラウザ上で配置しながら、商品デザインやその場の雰囲気までも感じることができます。
また、データベースとのシームレスな連携によりその場で見積もりや注文を出すことも可能です。

 

たとえば、イーコマースの分野ではユーザーはサイト内で自分の部屋に模したエリアをテンプレートから簡単に作成し、ドラッグアンドドロップで家具を配置する事で体感的で視覚的な商品選択が可能になります。
ある企業ではこのテンプレートの利用数が50万件を突破し、多くのユーザーに支持されています。

 

世界では既に2000社以上がView22の3D技術を採用し、導入企業の多くには世界的に知名度の高い一流企業も含まれています。
その中でも「SIEMENS(シーメンス)」、「KOHLER(コーラー)」などはWeb上での商品訴求、3Dプレゼンテーション、CRMと連動した機能により大幅なコスト削減と売上向上を達成し、高い評価を得ています。

 

View22社、アジア太平洋担当専務のデビット・グラハム氏は「日本ではまだまだWeb上の3次元コンテンツは少ない。今回のパートナーシップは日本におけるWeb上のマーケティングに大きな革新をもたらすと確信している。」とコメントしています。

 

弊 社は3Dインターネット専門企業としての豊富なノウハウを生かし、主に「 ビジュアルマーチャンダイジングを必要としている」「販売サイクルが長い 」「受注製品および受注設計製品」「空間プランニングおよび最適化を必要としている」等を課題とする企業様向けへの提案・導入・運営サポートまでを包括す るトータルソリューションを提供して参ります。

 

また、一方で「IMMERSIV」を必要とされる一般のウェブ開発会社様へのライセンス販売、および導入サポート、研修に至るまでをサポートし、日本における「IMMERSIV」のセールスパートナーとして展開いたします。

 

「IMMERSIV」は今後中核商品として積極的に販売展開を図ります。
当社は今後も3Dインターネット専門企業としてデファクトスタンダードを目指し、機能拡充、サービス向上に努めて参ります。

 

【用語解説】
「IMMERSIV」(イマーシヴ)とは
米国ビュートウェンティツーテクノロジー社(View22 Technology Inc.:ビュー22)が提供する3Dコアエンジン・サービスの総称です。
「IMMERSIV」は既存のWebサイトとの親睦性が高く、Flash技術の様に容易に導入が図れ、3D技術を従来のWebサイトへ融合する事が可能です。
また、動作は軽快で特別な高機能PCを必要としません。

 

 

■コア・ディメンション株式会社の概要
主な事業内容
-3Dインターネット参入支援専門事業として-
1.大規模プロジェクトの企画立案およびコンサルティング
2.マーケティング提案
3.各種セミナーおよび研修会の開催
設立年月日:2007年7月3日
資本金:1,000万円
所在地:大阪本社 〒550-0005 大阪府大阪市西区西本町3-1-51 イセタニビル
東京本社 〒107-0062 東京都港区南青山4-20-4 ホリアージュ南青山101号
代表取締役:高野 博史
URL:http://www.core-dimension.jp

 

 

■お問い合わせ先
担当:野村
TEL:06-6537-0101
e-mail:info@core-dimension.jp

 

 

■View22社について
日本オフィス 〒651-0053神戸市中央区籠池通2-4-10
TEL:078-881-0151
URL:http://www.view22.jp
代表者:デビット・グラハム
e-mail:davidg@view22.com