アフターコロナ時代を見据えオフィスを改装いたしました

株式会社ターン・アンド・フロンティア(本社:大阪市西区 代表取締役社長:髙野博史)は、2020年10月21日よりアフターコロナ時代に対応した新オフィスにて営業を開始しましたことをお知らせいたします。

昨今のコロナ禍で、世の中は大きく変わりました。
産業構造の変化のみならず、働き方においてもリモートワークを採用する企業も多くなり、社員は必然的に自宅でのリモートワークが当たり前になってきました。

弊社も2020年の1月末より全社リモートワークに移行して営業を続けてまいりました。その中で、見えてきた課題もあります。

毎日自宅で仕事をすることによる閉塞感、家族等が居ることで集中しづらいなどの仕事場としての環境問題。何気ない雑談から生まれるアイデアやコミュニケーションの欠如などがあります。

そんな中、弊社は『オフィスは仕事する場所から、集まる場所へ』をテーマに、全ての個人の執務スペースを廃止。全てフリースペース、フリーアドレスへとするとともに、社員一人あたりの専有面積を8.25平米から13.8平米へと増床し、十分なソーシャルディスタンスが取れる広さを確保いたしました。

また、新オフィスのデザインはカフェをテーマに、居心地の良さ、コミュニケーションのしやすさを重視。街のカフェやホテルでリモートワークするくらいなら、会社で仕事がしたくなるようなオフィスデザインを目指しました。

会社は『社員が集まれる場所』『仕事ができる場所』を提供。
リモートワークの中、社員の繋がりを、逆に強める為の場所として、そして、集中して仕事ができる場所としてオフィスを社員に開放いたします。

社員の為の公共施設、いわば街の中の公民館のような役割へとオフィスを変化させ、これからの新しい働き方、オフィスのあり方を弊社は世の中に発信してければと考えています。

 

 

new-office-for-after-covid19

 

 

【新オフィス】
〒550-0013
大阪府大阪市西区新町1-5-7
四ツ橋ビルディング3F
※住所に変更はありません。ビル階層がの階のみ4階から3階に変更になっております。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ターン・アンド・フロンティア 管理部
info@taf-jp.com

T&F Newsカテゴリーの記事